映画 モテキを見た

モテキを見たよ。

これから観に行くとか言う人は別にネタばれするわけではないけど。

何にも情報がない状態で行きたいって人は。

いつも通りでいてください。

感想としては、

よくあんな高いハードル越えたな。ってことと。

主人公に共感できない+主人公がほんとにひどい。

長澤まさみはやっぱりかわいい。。っていうか殺人的にかわいい。

多分これは観た人みんな思ったことだと思う。

長澤まさみのベスト映画になるんじゃないかな?

森山 長澤のタッグは相性がすごくいい気がした。セカチューとか?

映画版もリリーさんがいい役だった。

なんかちょいエロ親父の役やらせたら無敵なリリーさんが面白い。

ドラマ版観てる人は、オープニングがかかった瞬間は上がったと思う。

『好きよ抱いて・・』コールが始まった瞬間に、来た来た来た~!!!モテキ!

夜明けのbeatに合わせて音頭をとるお調子者森山君は毎回いい。

吉本ばなな的になんかいい。

そんで森山と長澤が初めて会う所。

『なんだ~かっこいいじゃーん!』って下北ビレバン前で待ち合わせたその瞬間から、長澤ペースって言う。(笑)

それで二人で居酒屋に飲みに行くシーンで暑くなってきて上着を脱ぐ所で驚愕!!!!

な、な、なんで身体が火照ってるの!?!?!?!?!

そのシーンでは長澤まさみの隠れ巨乳にスポットが当たってるんだけど、

男が驚愕してんのはそこじゃないよ!

なんで火照ってんだよ!!!ぅぉい!ビッチか!?ビッチか!?

って多分劇場の野郎たちはなってた気がする。

そして森山も疑心何偽する。そりゃなる。

後々雑誌やラジオで観たり聴いたりしたのは、あのシーンは、ホントにお酒を飲んで撮影したみたいですよ。

やられた。

そのあとなぜか部屋に言って森山のTシャツを借りるんだけど、そのT-シャツがlove me tenga

これビレバンで売ってた(笑)

長澤まさみの寝顔をシャメって長澤がふっと気がつく所での森山のアクロバティックなかわし演技!説明できん!

あれは森山君にしかできない!!!すごすぎた!!観てない人はこれだけでも観たほうがいい。

カッコイイかわし方だった。

そのあとの営みへの持って行き方が下手すぎる森山にあきれ笑いするも長澤まさみかわいい。。。。。。

そのあとの「この辺スタバある?わたしカフェインだめだからデカフェしか飲めないんだ~」

そうなんだ。。。。 そうなんだよね。。。チュッって。。。。。

溜息しかでねぇよバカたれ。

お別れして恋しちゃってテンションあがる森山、そのあとの、500日のサマーのオマージュダンス。

まさかのあのグループも出ちゃって。なかなか楽しめた。

ただ周りに一般客がいないっていうなんかガチガチな所がちょっと。

その後長澤の彼氏が登場するんだけど、それが金子ノブアキっていう。。

なんか圧倒的すぎて、完璧すぎて、観てて『あっ、森山君これは勝てないっすよ。』ってなった。

人は正しさに恋するわけじゃないってなんかそうだよね~って思った。

二人目の麻生久美子さんも綺麗だった。。。。

この劇中の最大のスパイスかな。。。

それに劇中数少ない一般的思想な感じがした。

アングラにも精通してない普通のOLさんなんだけど、森山のことを好きになってしまう。

好きになるから、好きになった人の趣味も分かりたい。

なにか共通点を作りたい!って必死になる感じが、アツキ元キャプテンとも話したが、好きになってしまうよ。

少女かよ!ってなった。

マンションビルの明かりがハートになって、麻生が勇気をだして森山を追いかける所とか。

ほれてまうやろぉ。言おうかと思った。

でも映画の森山君は中途半端に一途な感じで、そのせいで麻生を逆に傷つけることになるという。

ライブハウスで麻生長澤と会うシーンとか、森山が呼びとめようとした時に二人が振り返るシーンとか。。。。

うわっ、長澤まさみこんな顔するの!?って顔の数秒後に麻生の哀愁あふれる振り返り顔。

現実で起きてたらパニックになるパターン。

やっぱり麻生さんの一番の見せ場は僕の中では濡れ場じゃなくて森山に振られて狂気するっていうかほぼゾンビ化するシーンかな。

『B’zとか聴かないから!!!神聖かまってちゃんとかちゃんと覚えるから~!!うぇ~ん』ってシーンは笑っちゃいけないんだろうけど爆笑してしまった。

そのあといろいろあって、麻生さんは牛丼食って吹っ切れるんですけど、なんで吹っ切れてんだ!?って思った。

麻生全然傷ついてないですよーみたいにされててちょっとあのシーンは最低じゃん!って思ったけど。。

あれでよかったのかな~。。。ちょっと納得いかない。

仲りいさちゃんはとりあえず劇中で本線に一回も乗ってこなかった気がする。。。

ただおっぱいとかかわいいとか。エロいとか、強烈だった。。

仲さん俺大好きだからにやにやして観てました。

ただ『幸世君みたいな人も需要あると思いますよーチュッ。』とかして終わっちゃうんだよね(笑)

なんか仲さんと絡んだことで森山が成長することもないし、そのあとに最大のやらかしするし何も学んでいない。。。

ホントに当てつけな感じだったな。。

もっと観たかった。

真木ようこさんはドラマでいう菊池凛子の役周りだから、とくに恋愛な要素は無。

ただなんかあるんじゃないかと終始期待させるあのエロさはなんなんだろう。

そしてやっぱりモテキは音楽。

かっこわるい振られ方がドラマ同様カラオケっぽくつかわれるんだけど。。

あれ映画のスクリーンでやられると唄ってしまいそうになるね。

すごいよかったと思う。ってかドラマでもカラオケシーンってすごい好き。

橘いずみの失格とかもいい曲だよね。。

麻生さんのところはジュディマリとかポップなかわいい感じの曲も使われてたけど。

吹っ切れるシーンはなぜか岡ちゃんのカルアミルク流れるんだよね。。。

カルアミルクは好きだからちょっとテンションあがったけど内容とあってるのかな?

あともう一回あなたからまたもう一回の電話で僕らは出直せる。

あの頃の僕はカルアミルク飲めば赤くなってたよね。

今なら仲間とバーボンソーダ飲めるけれどホントはおいしいと思えないんだ。。。

ってこれはやっぱり吹っ切れてないってことなのかな?そしたらさっき書いたことは全面撤回かも。。。

N夙川ボーイズも本人ご登場でテンションあがった!!!かわいかった。。。

物語は、ちと不安定?ですね~

ただ最後の今夜はブギーバックはどうなんだ?まったく関係ないじゃないか!!!

ただ最後のエンドロールまで凝りに凝ってて本当の最後まで楽しめる作品だと思いました。。。

モテキ観た人の感想とか聴きたいです。

終わった後は古着買取行って帰りました。

Comments are closed.